ムーブメント むら&まち

宮崎市男女共同参画社会づくり推進条例制定記念・宮崎市男女共同参画フォーラムについて

平成 18 年 1 月 1 日から宮崎市男女共同参画社会づくり推進条例が施行されたことを記念して、 1 月 31 日〜 2 月 4 日の 5 日間にかけて宮崎市男女共同参画フォーラムが開催されました。合併後まもないこともあり、佐土原・田野・高岡地区のサテライト会場でも分科会が開催され、最終日の 2 月 4 日には評論家の大宅映子さんをお迎えして、「愉しく欲張って生きる」と題した講演や分科会の報告会が行われました。各会場とも大変な熱気に包まれ、 9 分科会に延べ 777 名が参加、基調講演にも約 400 名の参加者が詰め掛けるなど、多くの市民が男女共同参画社会づくりを考える機会となりました。

宮崎市での講演会の様子



日向ひまわりフォーラム
日向市での講演会の様子

日向ひまわりフォーラム事業「奥山和弘講演会」を 1 月 28 日 ( 土)日向市中央公民館において開催しました。演題は、「男だてらに女泣き −もっと豊かに生きられる−」で、社会的性別(ジェンダー)について考えました。講演は、私たちが日常的に思い込んでいる物事の本質は一面的なものでしかないという事例を、ペンギンの陸上と海中の生態の違いで示す等、興味深く話が進んだ後、ジェンダーの枠組みについて図表を使って解説し、分かりやすい内容でした。また、同日、会場では、推進ルーム「さんぴあ」登録団体パネル展も開催しました。




啓発のための講演会を開催

椎葉村では、昨年11月12日、いきいき女性アドバイザー「サンレディスしいば」(平成8年12月結成 現在会員7名)のメンバーも参加し「椎葉村婦人連絡協議会50周年記念式典」を開催しました。みやざき中央新聞編集長の水谷謹人氏を講師に迎え「男に分かるか女の気持ち・女に分かるか男の気持ち」という演題で記念講演が行われました。会場には笑いがたえず、参加者全員とても有意義な時間を過ごし、改めて男女共同参画について学ぶ良い機会になりました。

椎葉村での講演会の様子



もどる