ムーブメント むら&まち

チューリップで啓発
山田町

山田町いきいき女性アドバイザー「とわ・え・もあ」は現在、会員6名で男女共同参画社会づくりのための各種活動を行っています。
これまで、学習会や交流会を通した男女共同参画社会づくりを行ってきましたが、参加者が少なく行き詰まりを感じていました。
そこで、平成15年度からは活動の一環として、「かかし村 秋まつり」会場での啓発パンフレット及びチューリップの球根配布を実施しています。これはチューリップが芽を出し、花を咲かせるのを見て、男女共同参画社会づくりについて再考して欲しいという願いからです。

活動の様子



笑いの渦、身近に感じた男女共同参画社会
講演会の様子

都城・北諸県いきいき女性アドバイザーの会(会員39名)では、平成13年度から男女共同参画フォーラムを企画・立案し、「都城盆地 女(ひと)と男(ひと)のつどい」と題して年1回講演会を開催しています。
本年は、9月11日(日)高崎町ラスパたかざき温泉交流センターにおいて、落語家の林家(はやしや)染二(そめじ)氏を講師に迎え、テーマ「家族の絆が未来を豊かに」、「愉快!痛快!理解!男女共同参画って何?」という演題で講演会を開催いたしました。約200名の参加者は、講師の人情味あふれる流暢な語り、全身を使っての話芸に引き込まれ、盛り込まれる滑稽話にも笑い声が絶えず、男女共同参画について身近に感じ、理解を深めることができました。

高崎町



DVのない素敵な社会づくり
門川町

門川町社会福祉協議会では、ドメスティック・バイオレンスについての理解を深め、私たち、  また、地域に何ができるのか、考えることを目的に研修会を開催しました。
宮崎県男女共同参画センターの島根直人氏を講師に迎え、「DVのない素敵な社会づくり」という演題のもとご講話いただきました。参加者からは、「DVの難しさを知った」「講演を聞くまでDVについて深く考えたことがなかったが、今後は、学んだことを活かしていきたい」など様々な意見を聞くことができました。今後も、「誰もが安心・安全に過ごせる地域づくり」を目指して、取り組んでいきたいと考えます。

研修会の様子



もどる