ムーブメント むら&まち

「都城市男女共同参画社会づくり条例」を制定

 都城市では、昨年12月の市議会定例会で「都城 市男女共同参画社会づくり条例」が可決され、今年4月1日から施行されます。
 条例の特色としては、7つの基本理念の中に「性別又は性的指向にかかわらずすべての人の人権の尊 重」を謳ったこと、人工妊娠中絶率の高さなどから「性と生殖に関する権利及びそれに基づく健康への配慮」が、また、教育の重要性を考慮し「教育にお ける配慮」が入ったことなどです。



新しいパートナーシップにむけて

 生涯学習の一環として、高齢者教室、ルピナス学級・なの花学級(婦人学級)等、生きがいを求めて学習しております。
 1月の講座として、人権学習を取り上げ、男女共同参画センター講師派遣事業を利用し、男女共同参画について学びました。富田地区は森本雍子さん、新田・上新田地区は男女共同参画センター所長、次長をお招きし、学習しました。
 独りになった時のことを考え、夫婦お互いの情報公開をすること、女性の視点を大事にし、女性パワーで地域を押し上げていくことの大切さ等を話されました。



「男女共同参画社会づくり講演会」開催

北浦町地域婦人大会で、今回初めて男女共同参画センターの出前講座を利用し、水谷謹人氏による「男と女の夢未来〜パートナーシップを目指して」という演題で講演会を実施しました。強い男のもろさとよわい女のたくましさ・・・とユーモアたっぷりでとても興味の持てる講演内容で参加者も180人と盛況でした。男女共同参画について知るよい機会となりました。



もどる