ドメスティック・バイオレンス(DV)~だれも暴力の被害にあわない社会に向けて~

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、
配偶者や恋人など親密な関係にある、
またはあった相手からふるわれる暴力の事です。 

暴力には、殴る・蹴るなどの身体的暴力だけでなく、
精神的暴力、性的暴力などがあり、それらが複雑に
絡み合って、被害者の心と身体を傷つけます。

だれも暴力にあっていい人はいません。
暴力の被害にあわない社会に向けて、
私たち一人ひとりにできることを考えてみませんか。

日時:平成30年12月15日(土) 13時半から15時半
会場:県庁9号館 933号室
一時保育:あり 無料 要予約(定員になり次第締切)

宮崎県では、
女性の約3人に1人、
男性の約5人に1人が
配偶者等から何らかの暴力
を受けた経験があります。(H27年)

全国で、
女性の約5人に1人、
男性の約10人に1人が
交際相手から何らかの暴力
を受けた経験があります。   
     (デートDV H29年)

このページの上へホームへもどる