平成30年度 男女共同参画週間講座「子どもと性のメディア」のご案内

 性的な内容を扱う雑誌や漫画、アダルトビデオの氾濫に加え、近年ではインターネットやSNSの普及により、子どもたちが性情報を目にする機会は増大しています。
 子どもたちは、メディアの性情報からどのようなメッセージを受け止めているのか? そうしたメディアの性情報は、子どもたちの性意識・性行動にどう反映されているのか?
 第一部では、若者たちへの取材を重ねてきた渡辺真由子さんに、メディアの性情報をうのみにせず批判的に読み解く能力「性情報リテラシー」をどう身につけるか、お話いただきます。
 第二部では、宮崎の現状を各分野で取り組む機関や個人のみなさんにご紹介いただき、私たちにできることを考えます。

日時:平成30年6月16日(土)13:30~16:00
会場:宮崎公立大学 交流センター 多目的ホール
対象:県民100名(先着順)
参加費:無料
一時保育:あり・無料
内容:第一部 講演「性情報リテラシー」
   <講師>渡辺 真由子さん(メディア学者・ジャーナリスト・星槎大学大学院客員教授)
   第二部 パネルディスカッション「みやざきの現状」
   <パネリスト>後藤 幾子さん(子どもとメディア インストラクター)
            甲斐 淳子さん(宮崎県PTA連合会 副会長)
            宮崎県警察本部 生活安全部 少年課
   <コーディネーター>渡辺 真由子さん

このページの上へホームへもどる